資格試験対策「日商リカレントスクール」なるものが創設されたそうです

各種資格試験の対策をしている方で、本当は専用の試験対策講座を受講して効率的に勉強を進めなるべく早く合格に漕ぎ着けたいものの、スケジュールの関係でそうはいかない…と思っている方は多いのではないでしょうか?

また、大学生などで「時間的にはかなり余裕がある」という状況でありながら、10万円、20万円と高額な試験対策講座を受講するのは金銭的にかなり厳しいという場合もあるかと思います。

そういった、「時間」「金銭面」の問題によって大手資格スクールが開講している講座を受講することができない場合であっても、先日の記事で気になっていることを伝えた「オンスク.JP」のように、格安でいつでも受講可能な講座は存在します。

で、今回はそのような「格安・いつでも」な試験対策講座として、有名な「日商簿記」の試験実施団体である「日本商工会議所」が新しく創設した「日商リカレントスクール」なるものを見つけましたのでそちらについて触れていきます。

スポンサーリンク

「日商リカレントスクール」とは?

ついこの間、いつもなら税理士試験対策の勉強をしている時間にサボっ…ネットで情報収集をしていたところ、ブラウザに出てくる「あなたへのおすすめ」的な記事で、「日商リカレントスクール」というものが創設されたとの記事を目にし、ちょっと確認してみました。

これは日商が直で運営している資格スクール?のであるようでして、「新設」とはいえその信頼度はかなり高そうです。

日商リカレントスクールのHP

で、そのHPに書かれていた「おススメポイント」は以下のようなことでした↓

  • 日時と曜日が事由に設定可能
  • 完全個別学習だから自分のペースで勉強できる
  • 講座の数は70を超えているため、自分の学びたい内容を選択できる
  • オリジナルテキストが無料

また、新しい講座も毎月追加中とのことで、これから先も新しい資格試験やその他検定、また、PCなど一般的なスキルの習得に役立ちそうです。

利用料金、というか受講手数料は「授業料(1回50分)1,200円」と「入会金10,800円」とのことで、これがどのぐらいなのか、安いのか高いのか、ちょっとわかりかねますが、一般的な資格スクールのやっている試験対策講座などとは異なり、一度にまとまった講座文の手数料を支払うというタイプではないようです。

もし、資格試験対策講座とかではなく「スポーツジム」難化に通っているという方は、そちらと比較した方がわかりやすいのかもしれません。僕はそんなの面倒なのでいっていませんが。

日商簿記やその他の資格試験対策ができるらしい

では、この「日商リカレントスクール」では”2019年4月現在”どのような講座を受講できるというのでしょうか?これも上記のHPにありましたが、以下のような内容であるとのことでした↓

  • 仕事に活かせる実務講座
  • 日商検定試験対策講座
  • パソコン入門、趣味

このうち、「実務講座」に関しては「ワード・エクセル・パワーポイント」などの一般的なスキル(よりめんどくさいアクセスが無いようですが…)、キャドの他、「弥生会計・給与」なども含まれているようです。

これらの一般的なスキルをより向上させるためにはかなり有効かもしれません。

「パソコン入門・趣味」のところで紹介されていたのは、普通にありがちなPCやネットの講座の他、プログラミングやPC・ネットにおけるトラブル対策講座、そして「SNS」に関してのものなど、どこか現代的なものも用意されていました。

そして、3つのうちこのブログの内容に関連する、というか最も重要に見えてしまうのが「日商検定試験対策講座」についてです。

これは日本商工会議所が主催する各種の検定試験に対応する試験対策講座のようで、そこには当然このブログでも度々取り上げている「日商簿記」に関してのものも含まれます。

日商簿記検定は「初級(4級がなくなって初級になった)」「3級」「2級」「1級」がありますが、今のところこのスクールで講座を開講しているのは「初級~2級」であるとのこと。1級はありません、というか需要もなさそうですが…

で、「日商簿記2級」となるとその難易度は結構高く、国家資格の「宅建試験」と同程度かちょっと下ぐらい、そして割りと比較しがちなFP2級と比べると”難しい”といってよさそうな感じです。

また、日商簿記2級のついこの間(2019年2月試験)では、連結会計の結構な難問(奇問?)が出題されたとのことで、そういったわけのわからない突拍子のない問題に対しても、試験の実施機関が直接やっているようなスクールであれば対応可能かもしれません。

さらに、日商簿記は3級であっても全くの初学者からしてみれば結構な時間勉強しなくてはならないものといえるでしょう。

そちらについても、合格までの近道として「日商リカレントスクール」を利用してみても良いかもしれません。

現状は東京だけっぽい、今後地方へ拡大することを期待

ここまで見てみると何かと良さげな「日商リカレントスクール」ですが、その問題は「どうやら現時点(2019年4月)では東京のみの開講らしい」というところです。

確かに、公式のHPを見ても場所は東京のどっかよくわからないところのみですし、何よりも電話番号が「03-…」となっています。とりあえずHPを一通り見ました、それ以外には見つかりませんでした。

まぁ何かを始めるにあたりまずは人が多く、資格試験対策講座の需要も大きい東京からスタートするのは理にかなっているのかもしれませんが、もし、これで上手くいくようであれば早めに地方都市にも進出してもらいたいと思います。

もし、各都道府県のメインの都市に必ずひとつあるぐらいになれば、かなり利用し易くはなると思います。それがどれだけ先のことになるかわかりませんし、そうはならないかもしれませんが…

また、「地方進出」だけでなく、商工会議所の検定試験以外、つまり割りと人気のある国家資格などにも手を広げて欲しいものです。そこまでいくとなかなか難しいのかもしれませんが、できれば”難関”系の資格試験にも対応していただけると幸いです。

まとめ

今回は、たまたまネット記事で見つけた「日商リカレントスクール」についてでした。ちなみに”リカレント”の意味はよくわかりません。

開校下ばかりのスクールではありますが、「日本商工会議所」がやっていることや、独特の授業料設定、そして今後も講座を追加していくと宣言しているあたり、かなり期待できそうな印象です。

現在のところ、どうも「東京のみ」での提供となっているようですが、今後、地方都市やド田舎まで進出してくることがあれば、開講されている対策講座の内容次第にはなりますが、利用してみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク