行政書士試験対策の問題集が買えない…(またかよ)

行政書士試験の対策用に「判例集」をAmazonで購入し、家に届くと同時に使い始めています。今年の試験までにその程度手を付けられるかはわかりませんが、一応来年も見越しての購入でした。

3622ca167c6859063fefd002611930c0 100x100 - 行政書士試験対策の問題集が買えない…(またかよ)
(行政書士試験対策)「みんなが欲しかった行政書士の判例集」を購入
行政書士試験に向けて、順調とまではいえませんがそれなりに試験対策を進めています。 これまで、テキスト(みんなが欲しかった行政書士の教...

で、そのとき「せっかくだから問題集も一緒に購入しておこう」と思い立ち、かねてより狙いを定めていた「みんなが欲しかった行政書士の問題集」をカートに追加しようとしました。

ところが、「在庫は無し」「遅くなる場合には11月に入ってから届く」というような状況でした。つまり「買えなかった」ということです。

今回はその「行政書士試験の問題集を購入することができなかった」という問題についていろいろと考えていこうと思います。

スポンサーリンク

以前にも似たようなケースが

今回は「行政書士試験」の対策用問題集が、Amazonに在庫が無く、購入することができなかったわけですが、これと似たようなケースが以前にもありました。

以前といってもそんなに前のことではないのですが、税理士試験(簿記論)対策の問題集のシリーズのうち、最後の1冊にあたるものを購入しようとしたところ、”在庫無し”となっており、手に入れることができませんでした。

税理士資格試験対策のテキストは早めに購入しておくべき?
現在、8月に実施される税理士試験に向けて簿記論を中心に試験対策を続けています。簿記論の他にも財務諸表論と酒税法を受験する予定ですが、試験対...

で、このときは本試験まで時間が無かったことなどから、その問題集については諦め、別のものを購入すると同時に「次からは早めに購入を」と思っていたわけですが、ここに来て、今度は行政書士試験対策で同じ轍を踏んでしまいました。

しかし、前回は「純粋に本試験まで時間が無く、入れてあった分が売り切れ」というような感じであったのに対し、今回はどうも何かが違うようです。

そう、モノは普通にあるんです、ただ買えないというか、買う気もしないというか、そんな感じなだけです。

そこかしこで「定価よりも高く」販売されている

Amazonnで購入しようとした行政書士試験対策の問題集、これは以前やらかしたときのように「完全に在庫がない」というようなものではなく、モノじたいはいくつもある状況です。

では、なぜそれらを購入しないのか?それは「定価よりも明らかに高い、ぼったくり価格」で販売されているためです。

今回狙っていた「みんなが欲しかった行政書士の問題集」のもともとの価格は「2,800円円程度」です。これが「中古品-ほぼ新品」とかいってとんでもない価格で販売されています。

1件だけ、定価で出品されているものがあったのですがなんと「送料3,300円」、本1冊の送料が3,300円、本体よりも高くなっていました。

というか普通に考えて「行政書士試験の本試験よりも前」に「ほぼ新品」の状態で問題集を売却してしまうようなことがあるのでしょうか?ないと思います・・・

おそらくそういったものは「複数冊購入して転売した」か「そもそも最初から転売によって利益を得る目的で購入した」と考えてよさそうです。後者は行政書士試験の受験者ですらないような気がしなくもありません。

そしてその結果として、「みんなが欲しかった」にもかかわらず「欲しかったけど買えなかった」という人間が出てきてしまった、ということである可能性が高そうです。無念。

Amazonではもう無理そう、普通の書店で探すかTACの書籍販売サイトで買います

で、こういった「転売目的」での買い占め等、(まぁ実際にそうなのかは正確にわかるわけではありませんが、「ほぼ新品」でいくつもあるあたりそのような幹事なのかと思います)これに対抗する手段というのはあまりなさそうです。

もちろん、テキストや問題集の発売と同時ぐらいに購入するとか、なんなら予約注文するとかといった手はありますが、そもそも僕が行政書士試験の対策を始めたのは8月です、当然に無理です。

ただ、そうであったとしても「Amazonではなく、そのへんの書店で購入する」ことにより、なんとか手に入れることぐらいはできそうな気がします。

いくらなんでも「田舎の本屋」に置いてあるものはそのまま残っているはずです。しかもそんなところであれば行政書士試験の受験者自体かなり少ないでしょうから、元々あったものが完全に売り切れる、というようなことはないはずです。

また、資格試験によっては「その資格の参考書籍自体置いてない」という書店もありますが、行政書士試験に関してはその心配はあまりなさそうです。

ということで、これからちょっと面倒ですが、「そのへんの本屋」を廻ることによって、狙いの「みんなが欲しかった行政書士の問題集」を探していくことにします。

また、それでも見つからなかった場合には、送料がかかってしまうものの「TACの書籍販売サイト」で購入することにします。そこなら確実なはずです。

Amazonのプライム会員になっており、送料がまったくかからずに買い物をすることができるため、できることなら「Amazon以外の通販」で何かを買うことはしたくないのですが、この際仕方ありません。

とにかく、「みんなが欲しかった行政書士の問題集」はどうしても欲しいので、今後そんな感じで探していくことにします。

まとめ

またしても問題集を購入することができなかったわけですが、今回は諦めるわけにはいきません。

書店で探してみて、それでもダメなら出版している「TAC」から直接購入することにしましたが、それも今年だけでしょう。

おそらく、来年以降もまだ行政書士試験は受験し続けるはずですから、そこでは今回のように「勉強を始めたのが遅い」ということはありません。できることなら「予約注文」ぐらいの勢いでいきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク