FP試験対策 FP2級の問題集を購入してみて、感想など

FP2級の試験対策を開始してから今日まで、ずっとテキストのみを使って勉強していました。

先週あたりからずっと「問題集買わないとならん!」とは思っていたんですが、
本屋の駐車場が混んでる、とか今日はガソリンを入れなきゃ、とかそもそも金がない、とか様々な事象の発生により購入を阻まれる状態が続いていました。

しかし本日、さすがにそろそろ問題集を使った「アウトプット」の勉強をしないとヤバイ、という謎の危機感から近所の本屋に入店してきました。

ひと通りFPに関する書籍のコーナーで問題集を眺めていると、一冊だけなにやら小ぶりな本がありました。

題名は、これだけ覚えるFP技能士 2級AFP 一問一答+要点整理
成美堂出版より、著者は「株式会社 家計の総合相談センター」となっていました。

1x1.trans - FP試験対策 FP2級の問題集を購入してみて、感想など
これだけ覚える FP技能士2級・AFP一問一答+要点整理 ’19→’20年版
1x1.trans - FP試験対策 FP2級の問題集を購入してみて、感想など

/p>

サイズ的にはかなり小さく、文庫本より少し大きい程度、目次、索引込みで400ページちょっと、厚みはありますがそこまで気になるものではありません。

内容としては、まずギチギチに詰め込まれたFP2級の試験に関する重要論点の解説があって、その後に問題、問題は左ページにあり、右ページは解答という形式です。なんというか完全な「ポケット問題集」といった感じです。

ちなみにお値段は1,400円+税となります。

FP2級のテキストや問題集は需要があるためか、割と安価なイメージです。このあたりは日商簿記2級や3級の試験対策でも同じことが言えるんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

問題の形式

FP2級の試験は、学科が四択問題、実技が記述式(日本FP協会)となっていますが、この問題集ではほとんどの問題が○×形式になっていて、最後にちょっと実技試験対応の問題がついているといった感じです。なお、実技試験対応の問題には「実技」との記載があるだけで、5種類あるFP2級の実技試験のどれに対応するものなのかまでは言及されていませんでした。

※実技試験の種類と選択に関しては以下の記事から↓

3622ca167c6859063fefd002611930c0 100x100 - FP試験対策 FP2級の問題集を購入してみて、感想など
(FP2級)実技試験の種類とその選択
FP2級の試験を受験し、学科試験・実技試験ともに一発で合格することが出来ました。試験実施団体は3級のときと同じく、「日本FP協会」の資産設...

で、さすがに「一問一答+要点整理」というだけあって、本試験と同じ形式での問題ではなく、ひとつの論点にひとつの解説みたいな感じです。

確かに、実際にFP2級の試験で出題される四択問題をそのままやると、
「1番はどこそこが間違い正しくはこう!2番は・・・」
みたいに解説が膨大な分量になってしまいますから。
その時点で読む気なくしますよね。
ゆえにこの形式であって正解だと思います。

ただ、実際の試験問題に対応するため、過去問題集なんかを別途買わなくてはならないと思います。いちいち金かかりますね、ほんとに・・・

問題集をどう使っていくか

さて、せっかくFP2級の問題集を買ったのですから、これを有効に活用しなくてはなりません。
「買っただけで満足してるのが一番危険」という話も聞いたことがありますし・・・

現在のテキストを使った試験対策としては、
各章をさらに小分けにしてじっくりやっていくスタイルをとっています。
しかし問題集は何回も廻してやっていくべきだと考えており、
ちょっとこのペースだと効率が悪いように感じます。

で、幸いにもテキストと問題集の章立ては同じであり、
「ライフプランニング」~「相続税・贈与税」というようになっています。
なので「テキストで今やっている章について問題集を何回も解く」
みたいな感じでいこうと思います。

たとえテキストでは章の始めの方をやっていたとしても、
その章全体については一応3級の試験対策で確認済みのはずであるため、
「未学習の項目」というのは無いはずですし、
忘れてるところも思い出しながらいけるんじゃないでしょうか。

実際に問題を解いてみた

買ってきたばっかでためしにちょっと問題をやってみたんですが、何か結構な確率で間違えます。FP2級の本試験、普通にヤバいんじゃないでしょうか・・・

で、間違えた問題につき、右ページの解説を読むと
「ひっかけ」とか書いてあって地味にうざいです。

また、問題と解答・解説が横並びになっていますので、
普通にしてると問題を解くときに解答が見えてしまい、意味を成しません。
ゆえに付属の「赤シート」は絶対になくさないように気を付けねばなりません。
奴等脱走癖があるようでして、いつも必ずどっかいってしまうんですよね・・・
ちなみに以前紛失していたFP3級のテキストのものについては
持ち歩いているときに脱落していたようです。
無事、鞄の中からサルベージしました。

やってみたのは十数問ですが、
問題数は全部で880問あるとのこと。
気が遠くなりますね・・・
この後も引き続きやっていきたいと思っています(眠くなるまで)。

まとめ

今日からやっと計画していた「テキストと問題集の二本立て」での試験対策に移ることができました。
とにかく問題集を廻しながら、間違えたところをテキストで確認すると同時に、
テキスト単体でのインプットも続けていきます。

FP2級の試験当日は来年1月28日とまだまだ先ですが、
「絶対に合格させるテキスト&問題集」VS「絶対に落ちるバカ」の対決の行方が気になるところです。

2018年1月21日 追記
同じシリーズの過去問に関しては以下の記事より↓
FP試験対策 FP2級の過去問を購入、内容と感想など

過去問集の購入が大分遅くなってしまいました。もう少し早く始めていれば余裕を持って本試験に臨むことができたんじゃないかな、と思います。

スポンサーリンク