ブログの記事数が150記事に到達したようです、その感想や現状など

このひとつ前の記事について「公開」をしたところ、どうやらこのブログの記事投稿数が150に達したようです。

ということはこの記事は151記事目ということですが、せっかくちょっとした節目となる数字に気がついたわけですので、ここで150記事投稿してみての感想や、このブログの現状などについて記載しておきたいと思います。

といっても、特に何か大きな変化があったわけでもなく、これまで生じていた問題が解決したわけでもないため、特にこれといって書くことがあるわけではありません。おそらくありきたりな運営報告になるでしょうが、改善すべき、というか問題ではあるものの改善策がわからない部分がいくつか新たに発生しているため、一応ここに書き留めておこうと思います。

スポンサーリンク

サイトが重いのは全く改善しない

先ず、かねてより問題になっていた「サイトの表示が遅い」という問題についてです。

前回の記事でも触れたとおり、2018年6月の頭ぐらいから、サイトの表示速度が遅い、というかサーバーの応答に要する時間が非常に長くなっているようで、その問題が発生したと同時に一気にユーザーの数が減少していました。

その後、当該問題については全く解決しないどころか、むしろ悪化の一途をたどっています。今この記事を書いている時点でも、下書きの保存には何分もかかりますし、プレビューを見ようにも真っ白になってしまって見ることができない…といった状況です。

ちなみに、読み込み中ヒマ過ぎて他のサイトやYoutubeを開くと、非常に快適に利用できていることからも、PCや接続環境のせいではないことがわかります。

ただ、気になるのは「サイト速度の分析ツール」的なものを使っても全く問題が検出されないパターンがあるということです。

例えば、なんだかよくわかりませんが、Googleが提供しているツールで「モバイルサイトの速度をテストしよう。」と書かれたものを何度使っても、今まで一切問題が検出されたことはありません↓

1x1.trans - ブログの記事数が150記事に到達したようです、その感想や現状など

※画像:名前はわかりませんがGoogleのツールでの診断結果を参照しています

もちろん「PageSpeedInsite」なんかを使うとばっちり「サーバーの応答時間が…」という警告が出てきます。というか最近ではそれ以外の警告は「キャッシュの時間を延ばせ」ぐらいのものしか出てきません。

どれだけ改善を重ねても最大の問題である「サーバーの応答時間」には全く改善の兆しが無いようでして、今後何をしていけばよいのか?また、レンタルサーバーを乗り換えるべきなのか?など考えていく必要がありそうです。

Googleの順位変動にユーザー・PVが左右されすぎ

次に、Googleでの検索順位の他、最近ブログを訪問するユーザーの数、それに伴って発生するPVなどについてです。

サイトの速度が非常に遅くなったのとほぼ同時に発生していた「検索順位の低下」についてはその下落以後、上がったり下がったり、圏外に飛んだり戻ってきたり、といったことを2,3日単位で頻繁に繰り返しています。

なお、検索順位の確認には基本的に「Gyro-n SEO」を利用していますが、無料版なので10個のキーワードまでしか登録できず、他のものについて調べたいときにはいちいち手動で「シークレットタブ」を使って検索をかけています。

で、最近何かと検索順位が変動しているようで、この変動のうち特に大きなものがあったといわれているようなときには、検索順位が劇的に低下し、かなりユーザーやPVが減少することが常になっています。

なぜ毎度毎度マイナスの方向にしか動かないのか不思議で仕方ないんですが、「変動があった」とされている日から何日かすると、自然にもとあった付近の検索順位に戻ってくるため、特に対策の必要はないのかな?と思っています。

しかし、こう頻繁に検索順位の変動が発生し、その度に狙っていたキーワードで検索順位が下落してしまってはたまりません…最終的にもと居た順位やそれより少し上に落ち着いているうちは良いですが、今度は戻ってこないのでは?その場合の対策は?などと毎回考えるのは結構面倒です。

ある程度検索順位が変動し、それによるPV等の影響を受けることがあるということはわかっていますが、せめて1年に1回程度にしておいてください。

毎日読まれる記事が変わるのはなぜ?

さて、検索順位の大幅な変動によってユーザーやPVの数が影響を受けるのは仕方ないとして、そのキーワードでの順位が変動していない、かつ上位に表示されているページも入れ替わっていないという状況で、毎日のように「よく読まれるページ」が入れ替わってしまうのはなぜなんでしょうか?

具体的には、ページAとページBがあり、Aの方は昨日50回の閲覧があり、ランディングページとしても結構な回数があったにもかかわらず今日はPVゼロ、逆にBの方は昨日全く閲覧されていないのに今日はPVトップ、などということが毎日のように発生しています。

もちろん、普段よく記事を書いている「FP2級」や「日商簿記」などに関して、例えばFP2級の実技試験の配点に関する記事などは特定の期間ではずっと人気記事になってくるんですが、問題は普段のなんでもない時期です。

もちろん、突然PVの増減があった記事については一応複数のキーワードで検索順位をチェックするようにしていたんですが、最近はこれといった変化も無いのに読まれたり読まれなかったりを1日単位で繰り返しているため、もはや調べる気力もありません…

この問題については、ネットで似たような状況に関する情報がないか調べてみても、全く引っ掛かることはありませんでした。結構謎なんですが、訪問者数が増えた記事と減った記事で、日々行って来いぐらいにはなっているため、余り気にしないでおこうかといったところです。

まとめと感想

今回の記事に関して、とくにまとめることはなさそうですが一応まとめておくと、まず「サーバーの応答」に関しては改善なし、そして新たな問題として、「検索順位の変動があると2,3日は主要なキーワードからの流入が無くなる」ことと「ユーザー数・PVの多い記事が毎日のように入れ替わる」という2つの現象が発生しています。

新たな問題のうち、前者はどうにもならないことですし、後者はなんだかよくわかりません。とりあえず自分側でできることは皆無かと思いますので、このまま放っておこうと思います。

最後に、150記事に到達したことに対する感想ですが、「PVや収益など、ほとんど上昇しないどころか問題ばかり発生しているのに意外とよく続いたな…」といったところです。

この先、ブログ開設から1年となる11月の頭までに200記事に到達するようにしたいとは思っていますが、このペースだと9月・10月ともに20記事以上投稿しなくてはなりません…なんか無理そうですね…

とはいえ、上記のような問題をいくつも抱えたままではありますが、このブログは閉鎖せずに続けていくようにします。その分コストもかかってしまいますが、自分で確認したことを忘れないための備忘録としても機能しているため、特に問題はない、ということにしておきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク