wordpressを更新したらわけがわからないことに…

本日、というかもう昨日になってしまっていますが、なにやら「wordpressが更新できますよ」というような通知が来ていました。

既にこのブログを開設してから1年が経過しており、これまでもwordpressそのものや、中に入っているプラグインの更新などは通知に従い、頻繁に行ってきましたが、特にこれといった変化を感じたことはありませんでした。

なので今回も何の疑いもなく、普通に「更新する」ことを選択してしまったわけですが、その結果、かなり悲惨なことになっています(現在進行形)。

この記事ではとりあえず、現状どのような事態に陥っているのかということと、今後どうするべきか、次に更新があったときには如何にするべきかなどについて確認していこうと思います。

スポンサーリンク

普通に「更新」したらえらいことになった

まず、なぜこのようなことになってしまったのか?これについては「wordpressを更新したから」に他ならないのですが、これまで更新によるトラブルは特に大きなものがなく、今回も見かけ上は変わらないだろうという安易な考えで更新ボタンを押してしまったのが原因でしょう。

で、いつもどおり「更新」が終わるまでしばらく待機し、それが終わったのを確認後、今日脳内で構築しておいた記事を執筆しようと「新規追加」のタブをクリック、てっきりいつものエディタが出てくるものだと思っていたら、なんか変なのが表示されます…

1x1.trans - wordpressを更新したらわけがわからないことに…

そして一瞬で悟りました「やべぇ、やらかした…」

これまで、同時期にブログを始めた方と比べれば少ないかもしれませんが、結構な数の記事を投稿してきました。おかげさまでどのアイコンを使えば何ができるのか、もはや考える必要もなく、さらさらと記事を作り上げていくことができるようになっていました。

しかし、今回の更新により全てが崩壊、またひとつひとつ「どこに何があるのか」を覚えなおす必要がでてきました。屈辱です…

まぁ、そこで固まっていても仕方がないのでとりあえずひとつ記事を投稿してみましたが…使いづらい…とにかく使いづらい、結局図表も画像もないような記事の作成に結構な時間を要してしまいました。

これからこの「使えなくなって新登場!」したwordressと付き合っていくことを考えると非常に憂鬱です。

元に戻すには「プラグイン」が必要らしい

で、これは何とか元に戻すことができないだろうか?といろいろ考えてみましたが、なんか内部的なところをいじくるという行為は素人にはちょっとハードルが高いと思い、せめてこのエディタだけでも、と調べてみたところ…ありました。

しかし、その方法は「クラシックエディタ」なるプラグインをインストールして使うというもので、これはちょっとどうかな?と思い、現在のところ導入していません。

なぜならば、このブログでも何度か取り上げていますが、何らかの理由で非常に重く、遅くなってしまっているため、ここからさらに新しいプラグインをインストールした場合、サイトが表示される前に年が明けてしまうことになりかねません。

そして、今回の更新が適用されてからまだ時間が経っておらず、その結果どうなるのか?それ以外の対策は?など、詳しいことがまだネットで調べても出て来きません、それゆえもし万が一の場合に自分では対処ができなくなってしまうおそれがあります。

今回、うっかり更新してしまい、僕と同じような目に遭っている方は結構な数がになっているはずです。もちろん、自分で対処可能な方も多いでしょうが、ちょっと無理、または下手をすると取り返しのつかないことになるかも…という感じで、手を付けられずにいるのは僕だけではないはずです。

これから先、おそらく専門家の方、そうではなくとも知識のある方がブログなどを通じて情報を発信してくれることに期待する他ありませんが、それまでの間はなんとかこのままで乗り切る以外に道はないようですね。

というか「文字数」はどこ?

とりあえず、この更新されたwordpress、使いづらいとはいえ「記事の投稿」ができなくなってしまったわけではありません。しかし、どうしてもひとつだけ非常に困ってしまっていることがあります。

それは「現在の文字数」がどこにも表示されていない、ということです。

これまで、記事を作成する際には2,000字程度とか3,000字以上とか、いろいろと考えてその文章全体の長さを調節してきたわけですが、これをするためにはエディタの下の方に表示されていた「文字数」が必要不可欠でした。

しかし、今回更新によって現れたものにはそれがない…探せばどこかにあるのかもしれませんが、今のところどこを触ってもそれらしきものが表示されることはありません。

こうなると、しばらくの間は記事の長さがかなり適当なものになってしまい、場合によってはかなり短い/長いことにより、非常に読みづらいものになってしまうことも考えられます。

これではかなりまずいので、この「文字数の表示」の件に関しては明日以降、積極的に情報を集めていく必要がありそうです。

これからは「安易に触らない」ことにします

さて、今回wordpressの更新に関する通知が来ていたのを、何の疑いもなくその通りにしてしまった結果がこれです。

これまで、「更新通知」は更新しないといけないものなんじゃないかとも考えており、今回もそれによってここまで利便性が低下してしまうことになるなどということは考えてもみませんでした。

しかし、このようなことになってしまった以上、今後、もし更新の通知が来ていたとしても安易に更新せず、ネットやtwitterなどでわかっている方が情報を出してくるまでじっくり待ち、行ける、と思った場合のみ通知に従うという方法をとろうと思います。

今回は「多少使いづらくなった程度」で済んでいますから良かったものの、更新後のものに重大な欠陥があった場合など、素人にはどうしようもない事態に陥ってしまう可能性もありますから、そうなる前に気がついてよかったと思っておくことにします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク